認知症とアロマの深い関係性

認知症とアロマの深い関係性とは

アロマのローズマリーと認知症

ローズマリーと言えばフランス料理やイタリア料理に好んで使用される香草です。

これを使用することによって料理の香りがとっても引き締まって我々の食事にとってもいい花を咲かせてくれるのですけれども、ローズマリーが使用されているのは何も料理だけではありません。

アロマの世界でもとっても使用されているものであり、医療機関でも認知症を改善するためのきっかけとしてローズマリーの香りを使用している様な所さえあります。

ローズマリーの香りと言えば何と言ってもスーッとした刺激臭。

ハーブよりも遥かに強いのが記憶に残りますね。

なんとこれには気持ちを敏感にしてくれる効果まであるのです。

記憶領域を鮮明に支えてくれるこの香りの使い方はなにもにおいを直接家具だけではなくて例えばアロマランプを使用して部屋全体にその香りを行きわたらせたりするのもいい方法ではあります。

認知症について考えるアロマの会社

勿論認知症のアイゼンとしてティッシュやハンカチにしみ込ませてかぐのもとてもいい方法です。