認知症とアロマの深い関係性

認知症とアロマの深い関係性とは

アロマの力は認知症の薬と同じ

以前とあるテレビ番組でも取り上げられていましたけれども、アロマテラピーは認知症に対してとてつもない効果を発揮します。

通常認知症には医薬品が投与されるのですけれども、アロマはなんと投与される医薬品とほぼ同等の効果があると実験の結果から出たわけです。

今回はそのお話について少しまとめてみましょう。

人間の嗅覚はそもそも脳のどこが受け持っているのかと言いますと、海馬という場所がつかさどっております。

そしてアルツハイマーをはじめとする認知症は海馬がダメージを受けるよりも先に、嗅覚を脳に伝える神経から蝕んでいくのです。

ここが大きなポイントといえます。

海馬にダメージを与えるためにはまず嗅覚の神経を通らなければならないということなのですから。

そして海馬と違って嗅覚神経はとっても再生速度が速いという特徴があります。

これをアロマで刺激することによってアルツハイマーなどの記憶障害から遠ざけるというわけです。

簡単なメカニズムですね。