認知症とアロマの深い関係性

認知症とアロマの深い関係性とは

睡眠が重要になる認知症患者にアロマ

日本全国にはたくさんの認知症患者の人がいます。

症状が重い人、そして症状が軽い人、様々な人がいますけれども彼らが求めているのは脳の刺激です。

勿論認知症の症状が重度か軽度かによって処置の仕方に違いは出てきます。

けれども根本的な解決方法は同じです。

海馬をしっかりとよみがえらせること、これに加えて脳味噌を刺激することが改善につながることに変わりはありません。

脳の刺激する時間というのもこの症状を治療するためには大変大事なことにもなってきます。

いつがいいのかと言いますと一般的には睡眠中と言われており、日本全国では物忘れが激しい患者さんに関してアロマトリートメントが行われるようになっているのです。

アロマとリートメンが持つ効果はとってもすごいのです。

寝ているときに精油のにおいを脳に送り込むと海馬などが掃除されていき、脳の中に行き来している活性酸素をみるみるきれいに掃除してくれるようになるのですから。

これによって記憶障害が治るのです。