認知症とアロマの深い関係性

認知症とアロマの深い関係性とは

認知症とアロマと年齢の関係について

みなさんはどれぐらいの年齢がもっとも物忘れが激しくなると思いますか。

最近は若い人の物忘れが深刻化されていますけれども、やはり高齢になればなるほど物忘れが激しくなっていくことに変わりはありません。

医学的に見た場合六十代がもっとも認知症が多いと言われており、このデータは四十年前のものと認知症患者の発生する割合を年齢別に算出したものと比較してもあまり変わりはありません。

ですから現代人も六十代になるとアルツハイマーなどが発生しやすくなると考えても間違いはないでしょう。

さて、この認知症ですけれども、どのように対策を取るのが一番よいのでしょうか。

回答はと言いますと四十代の内からしっかりと対策を取っておくのが一番だと言われています。

脳が衰えないように昼と夜に別々の刺激、具体的にはアロマの香りをかがせてあげるといいと言われています。

四十代からこれを始めることによって後々アルツハイマーになりにくくなりますのでアロマテラピー挑戦してみましょう。