認知症とアロマの深い関係性

認知症とアロマの深い関係性とは

認知症患者のにおいにに対する感受性をアロマで戻す

さて、認知症にもっとも効くのはなんでしょうか。

少し前まではぼけないためには指先を使うような仕事をすることだと言われていました。

例えば職人業だとかタイピングをしてお金を貰う仕事がそれに該当するようです。

確かに指の神経には感覚器官が集中しておりますので脳にとってはとてもいい刺激が絶えず送られていくことになります。

ボケないためにはかなりいいことに変わりはないでしょう。

けれどももう一つボケない方法があります。

それは嗅覚の刺激です。

そしてただ単に嗅覚を刺激するだけではなくてアロマなどのいいにおいですと、脳の全体が刺激されることになります。

アロマでとっても面白いところは何と言っても香りによって刺激する脳の場所が違うという所でしょう。

色々なアロマのかおりをかぐと脳の色々なところが刺激されますので認知症などにも非常になりにくくなるわけです。

嗅覚と指の刺激はとっても脳にいいことだらけ。

それを覚えておくといいでしょう。